JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< MFJ-2275改 3.5MHz その5 完 | main | 2018年を振り返る。 >>
MFJ-1899T 電圧給電
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    今年は暖かいのか冬らしくないです。

    今日は午前中Twitter知り合いの1F○M/2局が144MHzCWでCQ中と

    つぶやきがあり、たまたま事務所に居りましたのでワッチしますと

    559にて入感。

    時間がなかったのでRPT交換のみのQSO

    何でも JCC#200111 名古屋市港区の展望台から運用とのこと

    2mって意外に飛ぶんですね。

    開局時はアマチュア無線全盛期。

    3エリアに住まいしておりましたが違法局のオンパレードで

    近づかないバンドでしたので新鮮です。

    立ったまま首からFT-817をぶら下げ電鍵をFT-817にマグネットで

    貼り付けQSO・・・

    何か新鮮な感覚でした。

     

     

    さて、本題のMFJ-1899Tです。

    購入から色々試しましたがカウンターポイズの影響か

    非常に動作がクリティカルで移動で常用は出来ないかと

    諦めておりました。

     

    ツェップ型片側給電を

    山岳移動でやろうと部品を調達中に

    ヤフオクで片側給電用チューナーを

    見つけたので落札してみました。

    お安くして頂いて申し訳ない限りです(_ _)

     

    そこでツェップ用半波長ワイヤーの代わりに

    MFJ-1899Tをエレメントに出来ないか実験してみました。

    中は想像通りGAWANT風。

    コイルとポリバリコンで共振が得られる仕様

    自作で無いため中身は書きませんが

    GAWANTからBNCとアンテナを外した物に近いです。

     

    以前に作成しましたカメラ用三脚に同軸の芯線だけを

    接続します。

    仮止めのため線を剥きバナナチップで挟みます。

    全体像

     

    MFJ-1899Tは周波数を選び一番強く聞こえる場所に

    ショートします。

     

    ショート位置を変えつつバリコンを調整しますと

    7MHz〜50MHzまでSWR1:1.1に調整できるように

    なりました♪

    7MHz

     

    50MHz

     

    7MHzで8エリア局が強力に聞こえましたので

    呼んでみた所お返事頂きました。

    やはりQRPはCWですね。

    ただ、ツェップライク給電、周りの影響は受けやすいようで

    手を置く位置でSWRが変化しますのでご注意下さい。

     

    もう少し、各部を煮詰めて簡易移動用として

    使いたい所です。

    | アンテナ | 16:45 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:45 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ